生活安全課長 景井薫

 インターネットを通じた人と人とのコミュニケーションは、今や特別なものではなくなりました。なかでも、スマートフォンやSNSなどの普及によって、子どもでも手軽に社会や世界に向けて情報を発信できるようになりました。

 パソコンやスマートフォンは、生活を快適で便利にすることができますが、ちょっとした不注意で予期せぬトラブルに巻き込まれることがあります。そのような思いをしないよう、最低限これだけは守ってください。

常に最新の状態に

 ウイルスなど危険な攻撃は、パソコンのOSやアプリケーションの抜け穴となる弱いところを狙ってきます。ウイルス対策ソフトのパターンファイルを最新にしておきましょう。

個人情報などの取り扱いは慎重に

 インターネットはさまざまな人が利用しています。インターネットへ出た情報は、コピーされてあっという間に広がっていくため、後からその情報を取り戻すことは不可能です。インターネットへ公開する情報は必要最低限にしましょう。

不審なウェブやメール アクセスしないで

 ウェブページへ接続しただけでウイルスに感染するケースが増加しています。知らないアドレスからのメールに記載されたウェブアドレスや、電子掲示板などのウェブページへのアクセスは、安易に行わないようにしましょう。

 添付ファイルを実行することでウイルスに感染する危険もあります。身に覚えのないメールは添付ファイルを実行せず、削除するようにしましょう。特に、最近では、メール本文に知人や仕事上の関係者の名前を書くことで受信者をだますこともあります。メール件名や送信元のメールアドレス、メール本文のそれぞれを組み合わせてチェックしましょう。

2020年2月8日付 765号 26面から