移住した人と長年住んでいる人が語り合う「なばりの魅力再発見!意見交換・交流会」が、12月14日(土)午後1時半から名張市新町の観光交流施設「旧細川邸やなせ宿」で開かれる。参加無料。事前申し込み制で、定員20人。【ポスターを手に参加を呼び掛ける市職員=名張市鴻之台で】

 6月の交流会で「移住した人と長年住んでいる人で地域の魅力の感じ方が違う」と話題に上ったことなどがきっかけ。10月に実施予定だったが、台風の影響で中止になり、市が再企画した。

 当日は地元の菓子などを味わいながら歓談する。申し込みの締め切りは12月11日(水)。