愛知県みよし市で11月14、15日に開かれるアマチュアの全国大会「日本グランドシニアゴルフ選手権」に名張市桔梗が丘3の小野田安成さん(76)が出場する。7日に市役所を訪れ、「去年の10位を上回りたい」と意気込みを語った。【大会に向け意気込む小野田さん=名張市鴻之台1で】

 同大会は70歳以上が対象。小野田さんは9月に愛知県であった中部地区の大会で上位の成績を収め、3年連続4回目の出場権を獲得した。

 内装業を営んでいた27歳の時、取引先の社員に初めて誘われたのを機にゴルフを始めた。30代の頃は年間200ラウンドを回って腕を磨き、60代になって参加したアマチュアの全国大会では3位に入った経験もあるという。

 現在も月に5ラウンドをこなし、ドライバーの飛距離は230ヤードを維持する小野田さんは、ゴルフの魅力について「個人スポーツだが、いろんな出会いがある。元気な仲間と顔を合わせることが何よりも楽しい」と話した。