今年で39回目を迎える「伊賀焼陶器まつり」が、9月20日から22日まで伊賀市川合のあやまふれあい公園内「すぱーく阿山」で開かれる。35軒の窯元が出展し、伝統工芸士の作品展示から皿や茶わんなど普段使いの品まで、約3万点が展示即売される。【自作の伊賀焼を手に来場を呼び掛ける実行委員長の谷本さん=伊賀市三田で】

 会場には茶席、フードコーナーも設けられ、地元物産品などの買い物も楽しめる他、伊賀地域の特産品が当たる大福引きもある。時間は午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで。無料駐車場有り。JR関西線新堂駅から無料シャトルバスも運行する。

 同まつり実行委員長の谷本貴さん(41)は「作家と対面してお気に入りを選んでもらえる機会。ぜひ来場を」と呼び掛けた。

 問い合わせは伊賀焼伝統産業会館(0595・44・1701)まで。

2019年9月14日付 755号 7面から