野球の活性化を図ろうと、名張ライオンズクラブ(LC)が10月26日(土)午前9時から、同市夏見のメイハンスタジアムで「野球場であそび野球教室に行こう!」を開く。

 1部は同11時まで、5歳から小学6年までの子どもを対象に、ティーボールや的当てなどを通して野球に親しんでもらう。2部では、講師として元中日ドラゴンズの立浪和義さん=写真(提供)=を招き、午後1時まで中学生を対象に野球教室を開く予定。雨天時は名張産業振興センターアスピア(同市南町)での講演会に変更する。

 名張LCでは、1部の参加者を募集している。参加無料で、定員は50人。5歳から小学4年までは保護者の同伴が必要。希望者は、氏名(必要な場合は保護者名も)、住所、携帯電話番号、児童の年齢、学校名を明記し、名張LCへファクス(0595・63・4722)、電子メール(nabarilc@e-net.or.jp)で9月30日(月)までに申し込む。

 名張LCの森口充啓会長(63)は「教室を通して野球に親しみ、名張の野球人口の増加に貢献できれば」と開催への思いを語った。

 問い合わせは名張LC事務局(0595・63・4721)へ。

2019年9月14日付 755号 13面から