伊賀市の島ヶ原温泉やぶっちゃで「菜の花まつり」が、4月14日午前10時から開かれる。見頃を迎えた第3駐車場北側にある畑約2500平方メートルは一面が黄色のじゅうたんのようで、当日は地元の商店や団体の露店約20軒が並ぶ。午後3時まで。入場無料。【見頃を迎えたまつり会場の花の花畑=伊賀市島ケ原で】

 通算10回目で、同温泉が会場になるのは今回が初めて。遊休地や休耕田を活用し、景観向上や搾油で特産品を作っている市や生産者の「伊賀市菜の花プロジェクト推進協議会」が主催している。


【まつり当日に振舞われる「「七のもち」と販売用の菜の花うどん】

 会場の菜の花畑は散策だけでなく、摘み取りも楽しめる。温泉棟西側の特設ステージでは地元グループのバンド演奏や「いが☆グリオ」のショーの他、午後0時30分からはヨモギと食紅を使った「七のもち」の振る舞いがある。

 ステージ周辺では伊賀産菜種油を使った豚まんやドーナツ、菜の花の天ぷらが入ったうどんなど飲食物を販売。温泉を運営する公社でも入浴割引券の配布を予定しているという。

 問い合わせは市農林振興課(0595・22・9713)、同温泉(0595・59・3939)へ。