元NHK記者で、現在は大阪日日新聞論説委員を務める相沢冬樹さんの講演会が、4月20日(土)午後1時半から名張市丸之内の総合福祉センターふれあいホールで開かれる。

 なばり9条の会の主催。相沢さんは東京大学法学部を卒業後、NHKに入局し、東京、大阪などで勤務したが、森友学園問題を巡り昨年8月に退職。著書に「安倍官邸vsNHK‐森友事件をスクープした私が辞めた理由」がある。講演では、現場の記者の姿や報道のあり方などについて話す予定。

 参加費は500円(資料代)、高校生以下無料。講演前には、市内で活動する音楽グループ「シリウス」によるミニライブもある。

 問い合わせは同会の川合さん(0595・66・1388)まで。