第49回日本少年野球春季全国大会への出場を決めた「四日市ボーイズ」所属の伊賀市立長田小4年、山田龍応君(10)が同市役所で意気込みを話した。【ユニフォームを着てガッツポーズを決める山田君=伊賀市四十九町で】

 山田君は小学2年から市内のチームで軟式野球を始め、昨年春から少年硬式野球ボーイズリーグ所属の四日市ボーイズに加わった。四日市ボーイズは2月に開かれた県支部予選大会の小学生の部で4チームの頂点に立ち、全国大会の1回戦は大阪のチームと対戦するという。

 ポジションは3人いる投手のうちの一人で、左投げ左打ち。大会は3月26日から30日まで、さいたま市で開かれる。本番に向けて、山田君は「感謝を忘れず、優勝目指して頑張ります」と力強く話した。