夏に中止となった名張川花火大会(名張川納涼花火大会実行委員会主催)が、11月24日(土)午後7時から開かれる。【昨年夏に行われた花火大会の様子(名張市観光協会提供)】

 会場となるのは例年の夏の大会と同じく、同市新町の名張大橋周辺。今回は約2500発を打ち上げる。当日は同5時から箕曲市民センター(夏見)南側に臨時で協力金500円の有料駐車場を設ける他、名張中央公園(同)、市役所(鴻之台)が無料駐車場として開放される。

 また、同6時から9時ごろまで会場周辺道路で乗用車の交通規制がされる。同実行委では「路上駐車などは危険。また、道路も混雑が予想されるので、できるだけ公共交通機関を利用して」と協力を呼び掛ける。

 同実行委の福井眞佐也事務局長は「2度とないかもしれない、名張川の秋の花火を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 問い合わせは同実行委(同観光協会内)(0595・63・9087)へ。