日本相撲協会は7月20日、伊賀市出身で西前頭二枚目の千代の国(九重)が名古屋場所13日目から休場すると発表した。前日の玉鷲戦で左ひじを負傷していた。

 12日目までの戦績は6勝6敗。千代の国の休場は2年前の名古屋場所以来で、通算15度目。