フランスの「オーベルジュ(宿泊できる郊外レストラン)」をコンセプトにしたプールサイドレストラン「アオヤマダイニング ザ・ループ」が7月1日、伊賀市寺脇の青山ガーデンリゾート「ホテルローザブランカ」にオープンする。6月28日には一般向けのお披露目会が予定されており、26日には関係者を招いたレセプションパーティーが開かれた=写真。〈PR〉

 レストランは屋内プールのある建物をリニューアルし、プールサイドに約80席を確保。5、6人で利用できる個室も5部屋あり、最大30人までの団体も利用できる。レストランウエディングを始め、各種パーティー、イベントにも対応できるレストランだ。

 アドバイザーを務めるのは元ウェスティン都ホテル京都総料理長で、2006年にフランス共和国農事功労賞シュバリエを授与された水野佳男シェフ。更に食のオリンピックで2度銀メダルを獲得した南康成シェフとフランス料理発展のために設立されたエスコフィエ協会会員の堀井敦シェフが腕を振るう。

 この日あったパーティーには約60人が参加。冒頭にはホテルを運営する豊臣リゾート&ホテルの十河実紀常務が「おもてなしを第一に、地域の皆さまに愛される、さらには世界のローザブランカになるよう努力します」とあいさつ。生演奏が流れるなか、招待客らはシェフ自慢の特別料理に舌鼓を打っていた。

 28日にある一般内覧お披露目会は午後1時から同3時まで。事前の予約は不要で、見学自由。同ホテルの担当者は「お気軽にお越しください」と来場を呼び掛けている。

 レストランの営業時間は朝食が午前7時から同10時、ランチが同11時30分から午後2時、ディナーが同5時から同9時。カフェは午前11時30分から午後5時、更に午後5時から同11時まで利用できるバーも備えている。ランチの営業は8月から。

 問い合わせは同ホテル(0595・52・5586)まで。