名張市薦生の薦原公園で5月5日午前8時45分ごろ、屋外のトイレの窓ガラス2枚が割られているのが発見された。発見したのは公園を指定管理する会社の職員で、管理会社から、名張署へ被害届が出された。【割れた窓ガラス=名張市薦生で(市教委提供)】

 市教育委員会市民スポーツ室と同署によると、割れていたのは公園内の男子トイレの縦60センチ、横64センチの窓ガラス2枚。1枚は上方部を中心にヒビが入っており、もう1枚は中央に穴が開き、放射線状にヒビが入っている状態。4日午後7時に職員が確認した際には異状はなかったという。

 市教委によると、2017年11月27日にも同じ場所のガラスが割られる事件が発生しており、管理会社の警備強化や署のパトロール要請などを行っていた。