171017_5.jpg

 「上野天神祭のダンジリ行事」がユネスコ無形文化遺産に登録された記念として、9基のだんじりをラベルにした地酒が祭り初日の10月20日から伊賀市内の酒販店や飲食店の一部で発売される。関係者らは市街地の魅力と伊賀酒の魅力の相乗効果を期待している。【だんじりがラベルの伊賀酒をPRする関係者=伊賀市役所で】

 伊賀市や商工団体などでつくる同市中心市街地活性化協議会が「ダンジリ行事」を応援する事業として企画した。市内にある酒蔵7軒全てが商品を提供しており、だんじりの巡行順を決めるようにどの町を担当するかは各蔵元がくじで決めた。
 同協議会によると、収益の一部は「ダンジリ行事」を維持保存している上野文化美術保存会に寄付する。初入荷は1蔵あたり240本で、今後も継続して販売する方針。
 価格は1本300ミリリットル入りで税別600円。ケース付き3本セットが同1900円。商品名と酒蔵元は次の通り。
▼小玉町「小蓑山」=森本仙右衛門商店
▼新町「薙刀鉾」=中井酒造場
▼中町「其神山葵鉾」=橋本酒造場
▼福居町「三明」=福井酒造場
▼向島町「鉄英剣鉾」=森喜酒造場
▼西町「花冠」=同
▼魚町「紫鱗」=中井酒造場
▼鍛冶町「二東月鉾」=大田酒造
▼東町「桐本」=若戎酒造
 問い合わせは同協議会事務局(まちづくり伊賀上野=050・5204・2828)へ。