170830_11.jpg 「いろんな時間に幅広い世代の人たちが集えるお店にしたい」。伊賀市服部町に9月1日にオープンする、ランチタイムからバーまで楽しめる飲食店「伊賀バルV・B(バラティエール・バッカス)」を切り盛りする2人は、開店準備に汗を流す日々が続いている。【谷口旭さん(左)と西井拓馬さん=伊賀市服部長で】


 新店近くの「居楽屋仕事人」に勤務し、かねてから「自分の店を持ちたい」と願っていた西井さんは3年ほど前、谷口さんが市内で営むバー「バッカス」で知り合う。互いの印象は「とにかくお酒に詳しい」「真面目で誠実」。縁あって1つの店を持つことになった。

 ランチ後のカフェタイムも含め、時間を気にせずくつろいでほしいと願う。来春からは、京都で料理の経験を積んだ西井さんの弟もスタッフに加わるそうで、2人は「料理やお酒を通じて元気になってもらえる店にしていきたい」と抱負を語った。

170830_11-2.jpg【私のお気に入り】
谷口さん愛用のマドラーと、西井さんが7年使い続ける包丁。どちらも仕事を支える大切なパートナーだ。

2017年8月26日付706号5面から