170721_7.jpg

 女子サッカー・なでしこジャパンの米国遠征メンバー23人に選ばれた、伊賀FCくノ一のMF櫨(はじ)まどか選手(29)が7月21日、柘植満博代表とともに伊賀市の岡本栄市長を表敬訪問した。フル代表は初めての選出で、24日にチームに合流する。【取材に答える櫨選手(右)=伊賀市役所で】

 なでしこジャパンが参加するのは4か国対抗の「2017トーナメント・オブ・ネーションズ」。現地時間の7月27日にブラジル代表、30日に豪州代表、8月3日に米国代表とそれぞれ対戦する。
 櫨選手は名古屋市出身で、2012年にINAC神戸レオネッサからくノ一に移籍。今季は本来のボランチではなく、フォワードでの起用でリーグ戦10試合、リーグカップ6試合にフル出場している。
 一番楽しみにしている対戦相手は最終日の米国代表。櫨選手は「29歳でまさか選ばれるとは思ってなかったので驚いている。せっかくのチャンスなので、世界を間近で感じるいい機会なので、緊張せずプレーできたら」と抱負を話した。
 岡本市長は「(代表での経験を)櫨選手本人はもちろん、チームの糧にしてもらえたら。思い切りピッチで戦ってください」と激励した。