170530_5.jpg

 第9回伊賀流手裏剣打選手権大会の予選に出場する参加者の募集が、6月1日から始まる。全国7会場で開催し、伊賀流忍者博物館(伊賀市上野丸之内)で開かれる来年3月11日の本選で優勝した人には純金、2位には純銀、3位には銅の手裏剣が贈られる。【優勝賞品の純金製手裏剣(左)と2位への純銀製手裏剣=伊賀市で】

 忍者をイメージさせる手裏剣打ちをスポーツ化し、誰もが楽しめる競技として普及させること、忍者の発祥地である伊賀上野への関心を高め、ファンを拡大して誘客促進を図るのが目的。主催する伊賀上野観光協会が50周年を機に始めた。
 予選は中学生以上が対象。定員は各会場とも先着50人で、9月10日から12月17日のいずれかの日に実施する。全予選終了時で上位40人が本選に出場できが、参加は1人1会場のみ。参加費は1千円(保険料込み)。ルールブックが無い場合は別途200円が要る。
 予選開催日と会場は次の通り。
▼9月10日=あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)▼同24日=犬山忍術道場(愛知県犬山市)▼10月1日=浜松出世の館(浜松市)▼同14日=肥前夢街道(佐賀県嬉野市)▼12月3日=伊賀流忍者道場・忍道具屋(京都市下京区)▼同10日=うえせん白鳳プラザ(伊賀市上野東町)▼同17日=三重テラス(東京都中央区)
 申し込み、問い合わせは伊賀流忍者博物館(0595・23・0311)へ。九州予選は肥前夢街道(0954・43・1990)へ。