170520_15.jpg

 5月20日、伊賀市内で午後2時に今年最高気温の30・3度を記録する真夏日となった。【強い日差しで、手元の温度計でも30度を上回った=名張市南町で(午後2時30分ごろ撮影)】

 津地方気象台によると、県内は太平洋高気圧に覆われ日差しが強く、伊賀市内の観測所で同日午前10時に25・3度を超え、正午には28・5度に達していた。
 明日の予報も晴れで、伊賀地域でも気温が30度に達する可能性があることから、同気象台は「熱中症に注意して、健康管理に注意してほしい」と呼び掛けている。