信頼する先生と歩んだ道のり 妊娠の喜び、幸せな記憶に

「先生方や院長夫人、スタッフさん達が、妊娠が分かった時に泣いて喜んでくれた、その感動が今も心の励みになっています」と話してくれたのは名張市在住の山森まどかさん(45/ご主人 健博さん(45)。待望の第一子となる女の子、心温(こはる)ちゃんを出産しました。

 4年にわたる不妊治療を経験、人工授精からステップアップを考えていた矢先の自然妊娠。その道のりは一喜一憂の連続だったそうです。「弱音を言うたびに明るく励まし、体調を崩した時は寄り添ってくれて。通院するたび元気をもらえたから前向きに取り組むことができました」と山森さん。

我が子に会いたい 言葉の力も後押し

 ステップアップのために転院が決まった日、「院長夫人が『次こそ大丈夫、まずはそう信じることよ。妊娠の報告楽しみにしてるよ』と抱きしめてくれたんです。まさか本当に叶うなんて!」とにっこり笑顔。出産直前まで続いたつわりや切迫流産による絶対安静など、常に不安を抱えながらの妊婦生活だった山森さん。「授かった命を何としても出産まで!と懸命に支えてくれた先生方、どうか我が子を無事に抱けるようにと祈り続けてくれた院長夫人。そして、スタッフの皆さんの温かさや家族の手厚いサポート、どれを無くしても乗り越えることができなかった。武田さんとの出会いに感謝しています」と話してくれた山森さんはもう優しいママの顔でした。


医療法人武田産婦人科

三重県名張市鴻之台1-144
名張市役所近く

TEL:0595-64-7655

公式ホームページ