10月2日に名張市つつじが丘北10番町で発生した住宅火災で、焼け跡から発見された遺体はこの家に住んでいた大塚昭さん(71)だと分かった。名張署が3日、明らかにした。

 同署によると、大塚さんは普段、杖をついて歩いており、逃げ遅れた可能性が高いという。