伊賀署は県警本部と鳥羽署の合同捜査で2月12日、銀行法違反(無許可営業)の疑いで伊賀市上野東日南町に住むタイ国籍の食料品販売業のケンビセト・ロングタワン容疑者(47)=別容疑で逮捕、起訴済み=を再逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年3月30日ごろから10月7日ごろまでの間にタイ人女性3人から本国への送金依頼を引き受け、伊賀市内やその周辺にある銀行口座に日本円で手数料を含む現金合計9万6000円を振り込ませるなどした上、タイ国内で予め準備保管する資金から各依頼者の口座にインターネットバンキングなどを使って現地通貨で送金し、許可なく銀行業を営んだとされる。

 調べに対し、ケンビセト容疑者は「お金を勝手に送るのは違反だと知っていた。知人らを助けてあげようと思い、送金した」などと話しているという。