12月27日午前9時ごろ、名張市黒田の市道で、同市赤目町檀の旅館従業員、安田幸子さん(71)が、原付バイクと一緒に1・5メートル下の田んぼに転落しているのを、近所に住む男性が発見、119番通報した。安田さんは市内の病院に搬送されたが、約30分後に死亡が確認された。【女性が転落していた現場付近=名張市黒田】

 名張署の発表などによると、現場は市立赤目中学校から北に約650メートル離れた周囲に田んぼが広がる片側1車線の見通しの良い直線道路。安田さんは北東方向に走行中、進行方向左手の田んぼに転落したとみられ、ヘルメットをかぶりバイクにまたがった状態だったという。

 同署によると、死因につながる外傷が見られないことなどから、詳しい死因や転落原因など捜査を進めている。