伊賀タウン情報YOU

府中小で学年閉鎖 マイコプラズマ感染症で 伊賀市

 伊賀市教育委員会は12月1日、同市東条の府中小学校(清水良子校長、全校児童208人)でマイコプラズマ感染症が発生し、6年生1クラスを学年閉鎖したと発表した。

 同感染症は肺炎マイコプラズマという細菌が病原体で、夏から秋にかけて多く発生。感染経路は鼻水や唾液の飛沫で、風邪症状がゆっくりと進行し、特にせきはだんだん激しくなるのが特徴。しつこいせきが3、4週間持続するケースもあるという。

 学校教育課によると、措置決定は30日午後6時。6年生32人のうち、発熱やせき、けん怠感、のどの痛みなどの症状を訴えた児童は9人で、うち4人が欠席。医療機関で同感染症、肺炎の疑いと診断されたのは各1人で、2人は高熱で休んだ。

 所管している幼稚園や学校で学年閉鎖などの措置をとるのは今シーズン初めて。措置期間は1日から4日間。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより