伊賀タウン情報YOU

水源廃止に対する監査請求を却下 伊賀市監査委員

 伊賀市監査委員は12月28日、青山地区に住む住民有志の男女5人が市の貴重な財産である水源を水道部が住民に説明なく廃止したことに対し、情報の開示などを求めた住民監査請求を却下した。

 監査委員は請求の対象が財務会計上の違法または不当な理由、具体的な損害の有無だとした上で、却下の理由を「請求者にそれらを証明する資料を求めたが提出がなく、地方自治法の規定に適合していないため受理できない」とした。

 請求書によると、市水道部は2010年4月に阿保浄水場(同市阿保)内にある水源の1つを市民に説明することなく廃止。とくに取水実績が低下していたわけではないが、伊賀広域水道施設のゆめが丘浄水場(同ゆめが丘7)に変更し、切り替えに伴う設備投資と維持費は膨大で、市にとって無駄であり損失であるなどと訴えていた。

 却下の結果を受け、請求者の男性は「水源の廃止を含め一極集中させる水道計画自体が適切ではなく、市の財産を不当に処分し、不適切な支出をしたという認識に変わりはない。引き続きいろんな形で提起していく」と話した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより