伊賀タウン情報YOU

職員の出勤時間調査 遅刻の7人注意 伊賀市

161205_5.jpg 伊賀市の岡本栄市長は12月5日、職員の出勤時間調査の結果を公表し、遅刻した職員7人に口頭と文書による注意を行ったと定例会見で明らかにした。【定例会見で説明する岡本市長=伊賀市役所で】

 市長が11月25日に住民から登庁時間が遅い職員がいると直接指摘を受けたのを機に、人事課が同月29日から12月1日までの3日間、調査を実施した。

 対象施設は本庁とハイトピア伊賀、上野ふれあいプラザ、阿山庁舎、大山田庁舎、伊賀庁舎、島ヶ原庁舎、青山庁舎、水道庁舎の9か所。対象者は正規職員と社会保険に加入する臨時・嘱託職員計1831人のうち690人(いずれも11月末現在)で、期間中に課長級の職員1人を含む男女計7人の遅刻を確認した。

 人事課によると、遅刻の理由は交通事情3人、子どもの世話2人、体調不良1人で、特に理由なしも1人いた。市は5日、市長と総務部長名の文書を出し、所属長を通じて遅刻した職員を注意した。

 4年前の12月に実施した前回調査では本庁とハイトピア、上野ふれあいプラザ、阿山庁舎、大山田庁舎の5施設を対象に4日間で4人の遅刻を確認していた。

 岡本市長は定例会見で「1期目のときにタイムレコーダーを設置して(遅刻が)格段に減ったが、まだそんな事案があったということで調査した。午前8時30分に業務が始まるということ。もう一度締め直しを図った」と話した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより