伊賀タウン情報YOU

12月定例会が開会 伊賀市議会

 伊賀市議会(北出忠良議長)の12月定例会が1日に開会し、市は約4億7000万円増額の一般会計補正予算案など議案49件、請願1件を上程した。各常任委員会に付託され、最終日の22日に採決がある。

 補正予算関連では、来年度から公有民営方式に移行する伊賀鉄道伊賀線に対し、近鉄から経営安定化などを目的に支払われる一時金3億円を積み立てる基金創設の条例制定や、人事院勧告に伴う職員給与に関する条例の一部改正などを提出した。

 施設関係では、校区再編で昨年4月に廃校になった旧花垣小校舎(同市予野)を地元の住民自治協議会に無償譲渡する議案や、上野歴史民俗資料館(同上野丸之内)の設置と管理に関する条例の廃止などが盛り込まれた。

 譲り受けた校舎は自治協が解体費をねん出。地域活動の拠点としてグラウンドの整備を予定している。市直営の同資料館は2月末で閉館した後、民間に貸し付けする計画で、保管する資料などは市内の他施設で展示する方針。条例の廃止案は9月議会でも提案したが、議会が賛成少数で否決した。

 請願は社会福祉法人伊賀昴会の山路晴朗理事長ら123人が提出。市が来年3月末で廃止の方針を決めている市内在住の障害者が障害福祉サービスを利用するための通所費助成事業に対し再考を求めている。

 一般質問は8、9、12、13日の4日間、予算常任委員会は14日、総務と教育民生、産業建設の各常任委員会は15、16日にある。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより