伊賀タウン情報YOU

若桜鉄道社長「鉄道で地域の課題と期待に応える」 伊賀鉄道開業100周年イベントで

161226_10.jpg 伊賀線開業100周年を記念した講演会とクリスマスコンサートがこのほど、伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀で開かれた。【講演に立つ山田社長=伊賀市上野丸之内で】

 伊賀線は1916(大正5)年8月8日に上野駅連絡所(現在の伊賀上野駅)から上野町駅(現上野市駅)の区間が開通したのが始まり。伊賀鉄道などは周年事業として、今年度、記念グッズの販売や記念イベントを開催してきた。

 12月23日のイベントは「ファイナルイベント」と位置づけ、伊賀線活性化委員会の他、上野商工会議所や伊賀上野観光協会などで組織する実行委員会が主催した。

 第1部は、鳥取県東部を走る第三セクター鉄道「若桜鉄道」の山田和昭社長が講演。地方のローカル線の活性の方法について「鉄道を使って、地域の課題と期待にどのように応えるかを考える必要がある」と話した。さらに、行政と民間の中間に位置する「第三セクター」の利点を生かして、行政や民間などと連携する重要性を訴えた。

 第2部のコンサートには音楽ユニット「ラビリンス」を始め、桜丘中学・高校ハンドベル部、上野高校ギター・マンドリン部、上野高校吹奏楽部の生徒たちが、次々に演奏を披露した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより