伊賀タウン情報YOU

ドローンの操作訓練 市職員10人参加 伊賀市

161222_6.jpg 伊賀市平田の旧大山田せせらぎ運動公園で12月21日、市職員を対象にした小型無人飛行機(ドローン)の操作訓練があった。利活用を目指す建設や観光、文化財、広報の各部署から10人が参加した。【ドローンの操作を体験する伊賀市職員=伊賀市平田で】

 市は今年7月、バッテリー式のドローン1台を購入。市消防本部で管理し、運用を開始した8月以降は火災や行方不明者の捜索など実際の現場で使用している。

 講師は操縦訓練指導員の資格がある東消防署の西森康典副署長が務め、参加者に「安全のため人や電線、道路などの有無を必ず確かめてから飛ばすこと」と注意点を説明し、実技の手本を披露。その後、職員たちがドローンを空中で四角を描くように飛行させ、元に位置に着陸する操作などに挑戦した。

 ドローンの操作を体験した観光戦略課の内田充紀さんは「後退や方向転換が思ったより難しかった。ドローンを使って観光スポットを撮影すれば、これまでと違った新たな見せ方ができる」と期待した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより