伊賀タウン情報YOU

水道事業計画で住民説明会 委員から抗議も 伊賀市

161121_10.jpg 伊賀市は、2017年から15年間の計画をまとめた水道事業基本計画(水道事業ビジョン)について11月20日、同市下柘植のいがまち公民館で開いた。廃止対象となった朝古川浄水場のなどの継続使用を訴える意見が相次いだ。【市の説明に質問する住民たち=伊賀市下柘植で】

 説明会には約25人が参加した。水道部の職員が資料で中間案を説明した後、住民の質問に答えた。

 中間案では、伊賀地区の朝古川浄水場を含む市内7か所の浄水場を廃止対象になっていることから、住民が「広域水道ありきでなく、地元の浄水場を修理補修する内容にしてほしい」と要望した。
  
 市の姿勢を問う意見も出た。中間案は有識者や市民の代表者ら11人で組織する策定員会で6回の会議で検討されたが、説明会に参加した委員の一人から「ほとんどの委員がOKとは言っていないのに(中間案に)意見が反映されなかった。これで住民に理解してもらえるのか」と訴えた。また、委員6人の連名で市長と水道管理者、策定委員長の3者に抗議書を提出したことを明かした。

 抗議書が出されたことについて市は「即断できないので、現状はこのまま説明会を進めていきたい」と話した。

 今後の説明会は、21日同7時30分=島ヶ原会館(島ヶ原)▽22日同7時=青山福祉センター(阿保)▽23日同2時=ゆめポリスセンター(ゆめが丘1)▽24日同7時=大山田農村環境改善センター(平田)▽26日同2時=阿山保健福祉センター(馬場)で開かれる。

 市は11月30日までパブリックコメント(市民意見)を募集している。 意見の提出方法は住所、氏名、電話番号を明記し郵送、ファクス(0595・24・0006)、電子メール(suidou-soumu@city.iga.lg.jp)、持参のいずれか。中間案はホームページで閲覧できる他、水道部水道総務課(同市ゆめが丘7)、または水道部青山事業所(阿保)、各支所の振興課、各地区市民センターにも資料がある。

 問い合わせは水道総務課(0595・24・0001)へ。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより