伊賀タウン情報YOU

ガス漏れ対応 ガス会社と合同訓練 名張消防署

161109_1.jpg 名張市消防署と名張近鉄ガス(同市桔梗が丘1)による市街地でのガス漏れを想定した初めての合同対応訓練が11月9日、同市鴻之台1の市消防本部であった。参加した消防職員ら約20人が、初動の際の対応や互いの行動を確認した。【ガスの排気作業と確認をする近鉄ガスの社員(手前)と消防署員=名張市鴻之台1番町で】 

 同本部と同社で連携協定を結んでいることから、例年同社の社員を講師に招いた講習を実施しているが、合同訓練はこれが初。緊急時の互いの活動内容を理解し、迅速な対応と連携強化を図るのが目的で企画した。

 訓練は敷地内の訓練棟を使い、3階建ての共同住宅の2階からのガス漏れを想定。警報器が鳴って駆け付けた同社の社員が検知器でガス漏れを判断し、消防職員が建物内に人がいないかを確認。排気のために2階の窓からホースを伸ばし、建物外に設置したファンで吸い出した後、残留したガスが無いかを互いに声を掛けあって確認した。

 訓練後、講評に立った名張消防署の杉永知紀署長は「互いに初動対応や連携が確認できた。来年も実施したい」と話し、同社から参加した工務部保安チームの木和田康平さん(22)は「初動の動きをしっかりと確認できた。有事の対応と連携に生かしたい」と話した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより