伊賀タウン情報YOU

地域おこし協力隊員に辞令交付 伊賀焼の魅力発信 伊賀市

161101_6.jpg 伊賀市地域おこし協力隊の辞令交付式が11月1日、同市役所であった。嘱託職員として採用された福岡県宗像市出身の橋本玲麻さん(35)は丸柱地域で伊賀焼の技術を習得しながら、地元の住民自治協議会と連携し魅力の発信や価値向上など後継者づくりに取り組む。【岡本栄市長から辞令書を受け取る橋本さん(右)=伊賀市上野丸之内で】

 任期は2017年3月31日までの5か月間で、勤務場所は同市丸柱の丸柱地区市民センター。希望で最長3年まで延長できる。

 着任前は、北九州市にある情報サービス関連の会社に勤めていたといい、今月26日に引っ越してきた。以前から着物や手ぬぐい、陶器など日本の伝統的な産業に興味があり、「一生残るものに出会えたら」と思って探していたときに、地域おこし協力隊の案内を目にしたという。

 これまでに同市を訪問したことはなかったが、7月の現地説明会で丸柱地域の世話人役を務める女性と話をして「とにかく地域愛が想像以上で、私も豊かになれるかな」と感じ、応募を決めた。これから始まる伊賀市での新生活については「地域の方の力を借りながらしっかり勉強させて頂いて、丸柱の魅力を発信できたら」と話した。

 地域おこし協力隊には5人が応募し、2人を採用。もう一人は阿波地域の担当で10月に着任している。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより