伊賀タウン情報YOU

災害時の物資支援 ホームセンター4社と協定 名張市

161124_2.jpg 大規模災害発生に備え、名張市は11月24日、同市内と近隣にあるホームセンター4社と、災害時における支援物資の協定を結んだ。【協定書に調印する亀井市長=名張市鴻之台で】 

 協定を結んだのは、コメリ(本社・新潟市)が資本元のNPO「コメリ災害対策センター」と、「LIXILビバ」「ナフコ」「ジュンテンドー」。災害発生時には物流機能が停止し、地域外からの支援が期待できないことから、地域内の各社からブルーシートや土のう袋など必要物資を有償で供給してもらう。

 この日、名張市役所であった調印式にはコメリ災害対策センターとLIXILビバから役員ら合わせ3人が出席し、亀井利克市長と協定書を交わした。

 LIXILビバ・スーパービバホーム名張店の生田貴士総務次長は「東日本大地震以降、何かあればホームセンターという意識がお客さまにも根付いている。最大限のお手伝いがしたい」、コメリ災害対策センターの古澤通規常務理事は「県内45店舗全店が名張の備蓄だと思っていただけたら」と話していた。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより