伊賀タウン情報YOU

1日から年末の交通安全運動期間 合同出動式に200人 伊賀署

161130_5.jpg 年末年始の特別警戒取り締まりと交通安全県民運動の実施を周知する合同出動式が11月30日、伊賀市四十九町のイオンタウン伊賀上野駐車場であり、伊賀署員や行政職員、地域の交通・防犯ボランティアら約200人が参加した。【出席した住民ボランティアらに協力を呼び掛ける伊賀署の服部光治署長=伊賀市で】

 年末の交通安全県民運動は12月1日から10日までの10日間。子どもと高齢者の交通事故防止▽横断歩道での歩行者優先の徹底▽後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底の3点を運動の重点に置いている。

 あいさつの中で服部光治署長は「管内では犯罪、交通事故とも減少している」としながらも、犯罪について「特に県内で問題となっている特殊詐欺は統計上の認知はないが、予兆電話が多くかかってきている」と説明。交通事故については「飲酒運転が依然として後を絶たない。師走を迎えて忙しくなる。ついうっかりということが増え、重なると犯罪被害や交通事故も増える可能性があり、決して油断できない」と、未然防止に向けた注意喚起の協力を求めた。

 県内では29日現在、2016年中の交通事故死者が95人(前年同期比21人増)に上っており、12月31日まで交通死亡事故多発非常事態宣言が発令されている。伊賀署管内で発生した交通事故は同日現在、総件数2425件(同98件減)で、うち人身事故250件(同135件減)、物損事故2175件(同37件増)、死者1人(同2人減)、負傷者319人(同193人減)となっている。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより