伊賀タウン情報YOU

本番中の地震想定「避難訓練コンサート」 伊賀市のホールで

161010_9-2.jpg ホールでの吹奏楽団の公演中に大規模な地震が発生したという想定の「避難訓練コンサート」が10月9日、伊賀市下柘植のふるさと会館いがで開かれ、市民やボランティアら約260人が参加した。【職員の誘導で避難する参加者=伊賀市下柘植で】

 市内のホール運営などを担う伊賀市文化都市協会が昨年、市文化会館(同市西明寺)で初めて開催し、今回が2回目。参加者を広く募り、昨年に続いて伊賀シンフォニックアカデミー吹奏楽団が演奏を担当した。

161010_9.jpg
 午後2時の開演から約35分後、地震の効果音がホールに鳴り響くと、参加者たちは客席やステージで身をかがめ=写真2枚目、揺れが収まったことがアナウンスされた後、職員2人が誘導灯と拡声器を使って2か所の出口から館外へ誘導した。

 更に、中断から約30分後、演奏再開のタイミングで緊急地震速報の効果音が流れると、参加者たちは少し驚きながら、再び身をかがめていた。また、ホール入口には防災用品や備蓄用食品、東日本大震災の被災地の写真パネルなどが展示され、会場の外には起震車で地震の揺れを体験できるコーナーも設けられた。

 昨年の同コンサートにも参加したという市内在住の女性は「前回は、身を守る姿勢など詳しい説明があり、今回は無かったので自分たちで考えて動くことができた。(再開後の)緊急地震速報には驚いたけど、少し前にやったことが役立ってよかった」と話していた。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより