伊賀タウン情報YOU

地域おこし協力隊 阿波地域担当の男性に辞令交付 伊賀市

161004_5.jpg 伊賀市は10月4日、地域おこし協力隊として採用した桑名市出身の早川侑志さん(23)に辞令を交付した。担当は阿波地域で、今月から既に移住している。【辞令交付式に出席した地域おこし協力隊の早川さん(右)=伊賀市役所で】

 早川さんはこの春に愛知学院大学文学部を卒業。任期は2017年3月末までの半年間で、大山田支所振興課付の嘱託職員として阿波地区市民センターに勤務しながら、地元の住民民自治協議会と連携して地域まちづくり計画の見直しや、同市上阿波にある公設の「大山田温泉さるびの」の企画や運営をサポートする。希望すれば1年更新で、最長3年まで延長できる。

 大学では歴史を学び、城郭などに関心があったことから、趣味を兼ねて同市にも何度か訪れたことがあるという。さるびの温泉を利用した感想は「独特のとろみがあって非常に気持ち良かった」と話し、「いいところを眠らせたままではもったいない。少しでも知ってもらえたら」と活性化に意欲を見せる。

 自治協に探してもらった住まいは築約90年から100年の空き家。近所へのあいさつ回りで「困ったことがあったら何でも言って」と温かく迎えてもらったことで、移住前にあった不安もなくなったという早川さんに対し、岡本栄市長は「地元の人としっかりコミュニケーションを取って地域の底上げに頑張ってほしい」とエールを送った。

 市は6月に地域おこし協力隊を募集し、8月の選考で早川さんを含む2人を候補者として選考。もう一人は丸柱地域の担当で、伊賀焼を中心とした振興に取り組む。着任は11月の予定。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより