伊賀タウン情報YOU

「伊賀で最も遅い花火」楽しむ 手力神社の奉納煙火

161018_9.jpg
 約400年の歴史があると伝わり、「伊賀で最も遅い花火行事」として知られる、手力神社(伊賀市東湯舟、岡本和代宮司)の例大祭が10月17日あり、約250発の奉納煙火(花火)が打ち上げられた。【花火の打ち上げの様子=伊賀市東湯舟で】

 「手力さんの十七夜」とも称される同神社の奉納煙火は、この地にゆかりのある戦国時代の伊賀忍者の一人で、火術や狼煙(のろし)の使い手だった藤林長門守らも奉納したと伝わっている。

 奉納煙火はこの日午後7時30分ごろから始まり、神社近くで仕掛け花火やスターマインなどが打ち上げられた。訪れた人たちは、少し肌寒くなった夜空に上がる花火を楽しんでいた。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより