伊賀タウン情報YOU

さくら保育園の園児 手づくりの人形劇楽しむ 伊賀市

161031_10.jpg 伊賀市阿保の青山公民館青山図書室で10月31日、近くの「さくら保育園」の園児たちを招いた人形劇鑑賞会が開かれた。【人形劇を披露するメンバーたち=伊賀市阿保で】youtube.jpg

 鑑賞会は、読書の推進や地域と連携した子育てに取り組もうと、同公民館が子ども向けの図書室公開講座として実施。同市小田町にある開化寺の檀家女性たちでつくる人形劇グループ「マンマ・ミーダ」が協力している。

 図書室に4歳と5歳児の園児が集まると、メンバーがハロウィーンに合わせた手品を披露。更に、大型の紙芝居で「こねこのしろちゃん」を上演し、園児たちを喜ばせた。

 同グループの人形劇は、人形や舞台セット、脚本など、全てメンバーが手づくりしているのが特徴。この日は最新作の「泣いた赤鬼」を披露した。赤鬼や青鬼のコミカルな動きやストーリー、音楽に園児たちは引き込まれ、拍手をするなどして劇を楽しんでいた。

 メンバーの一人、田村敏子さんは「子どもたちの反応を見ながら劇を進めるように工夫している。これからも人形劇を見てもらう機会を提供していければ」と話した。



アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより