伊賀タウン情報YOU

全国消防操法大会で初優勝 伊賀市消防団

161014_9.jpg 長野市で10月14日に開かれた「第25回全国消防操法大会」に出場した伊賀市消防団(福原敏昭団長)が、小型ポンプの部で三重県代表として初優勝を果たした。【優勝を喜び合う伊賀市消防団の選手ら=長野市で(提供写真)】

 全国大会には小型ポンプの部とポンプ車の部があり、小型ポンプ操法は、3本のホースを延長し、約60メートル先の標的(火点)を落とすタイム、動作の正確さなどを競うもの。同消防団では10人の選手たちが、7月の県大会に向けて昨年11月から練習し、県大会を制した後も更に練習を重ねてきた。

 今年の全国大会の小型ポンプの部には22道府県の代表が出場。同消防団のタイムは41秒58で、総合得点は準優勝の大村市消防団(長崎県)と1・5点差の95・5点だった。また、指揮者を務めた増田貴臣さん(伊賀分団)が優秀選手表彰を受けた。

 県代表では、1970年に楠町消防団(当時)が全国大会のポンプ車の部で優勝しているが、小型ポンプの部の優勝は初の快挙となった。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより