伊賀タウン情報YOU

くノ一3回戦進出 東洋大に4-0 皇后杯女子サッカー

161030_5.jpg
 第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の2回戦8試合が10月30日、伊賀市小田町の上野運行公園競技場などであった。なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一は東洋大学(群馬)を4‐0で下し、3回戦に進出した。【PKによる自身のゴールを含め全得点に絡んだくノ一MF杉田(右端)=伊賀市で】


 初出場の東洋大に対し、くノ一は前半27分、MF櫨まどかのゴールで先制。33分にはMF杉田亜未からパスを受けたFW小川志保が追加点を奪った。

 後半もくノ一のペース。20分に杉田がペナルティーキックを確実に決め、同38分には途中出場のMF小嶋美舞がヘディングシュートで加点した。

 杉田はこの日、全てのゴールに絡む活躍で攻撃をけん引した。キャプテンのMF那須麻衣子は試合後「前半で2点取れたのが良かった。負けたらシーズンが終わる。次もしっかり勝ちたい」と話した。

 3回戦は11月3日に静岡県の藤枝総合運動公園サッカー場で、なでしこ1部の浦和レッズレディースと対戦する。野田朱美監督は次戦に向け「トーナメントでは先制点がとても大きい。しっかりと守備を構築しながらも、点を奪うときは奪うという意思統一をして、先にゴールを取りたい」と話した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより