伊賀タウン情報YOU

岡波看護専門学校で戴帽式 ナースの卵22人に授与 伊賀市で

161021_6.jpg
 伊賀市上野桑町の岡波総合病院講堂で10月21日、今年で創立110年を迎えた岡波看護専門学校の「戴帽式」があり、これから本格的な病院実習が始まる26回生の1年生男女22人にナースキャップが授与された。【キャンドルサービスで講堂内を周回する看護学生たち=伊賀市上野桑町で】

 同校は1906(明治39)年に「名賀郡看護婦養成所」として開設。式典には同病院や学校関係者、上級生、来賓、保護者が出席し、山内木綿子校長は「初心を忘れることなく、更に看護を深め、学んでいくよう努力してほしい」と式辞を述べた。

 答辞は、26回生を代表して同市猪田の吉村裕華さん(19)が「気配り、目配り、心配りを忘れず、患者さんの心に寄り添うことのできる看護師を目指したい」と力強く読み上げた。

 キャンドルサービスの後、ろうそくの火を手に持った1年生がナイチンゲール誓詞を唱和した。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより