伊賀タウン情報YOU

名誉賞の競り値216万円 中林牧場「まこ」号 伊賀産肉牛共進会

161014_5.jpg
 ブランド牛「伊賀牛」のチャンピンを決める2016年度の伊賀産肉牛共進会が10月14日、伊賀市千歳のJA全農みえ伊賀家畜市場であった。最高位の名誉賞には伊賀市山畑の中林牧場が出品した「まこ」号が選ばれ、競りで税込216万9720円の値を付けた。【名誉賞に選ばれた「まこ」号】と出品した中林牧場の中林真一郎さん=伊賀市で】

 主催は伊賀産肉牛生産振興協議会。伊賀牛の肥育技術の向上と生産振興を目的に毎年開かれており、伊賀牛は黒毛和種の未出産の雌、最長肥育地が伊賀地域で1年以上と定めている。

 今年度は伊賀と名張市の肥育農家30戸のうち、16戸が計21頭を出品。審査対象は体重760キロ以下で、骨格に対する肉付きの「ボリューム感」や、肩や尻の張りの「バランス」などの基準で、7人の審査員が2次審査に進んだ9頭のなかから名誉賞と1席から5席の優等賞を選んだ。

 名誉賞のまこ号は体重755キロで、生後約34か月。審査委員長で県畜産研究所大家畜研究課の岡本俊英・主幹研究員は「骨格は小さいが、肉付きのバランスがいい。立ち姿も安定している」と評価。出品された21頭も「皆粒ぞろいで、平均して良い牛がそろった」と総括した。

 中林牧場から出品した伊賀牛がチャンピオンに選ばれるのは3年ぶり2度目。取材に対し、中林真一郎さん(43)は「親父が買い付けし、嫁が日頃の体調管理をし育ててくれた。皆の努力が賞につながった」と喜んだ。

 JA全農みえによると、出品された21頭は全て競りが成立。1頭の平均価格は税込み137万8440円で、キロ単価は同1892円だった。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより