伊賀タウン情報YOU

フットサルの全国大会 2年連続10回目の出場 伊賀市の女子チーム

161020_6.jpg 札幌市で開かれる第13回全日本女子フットサル選手権大会に東海代表として出場する伊賀市のチーム「member of the gang(メンバー・オブ・ザ・ギャング)」の選手が10月20日、市役所を表敬訪問し、優勝を誓った。【表敬訪問した(左から)佐藤さん、代表の小山さん、榎木園さん、主将の吉田さん、田中さん=伊賀市で】

 大会期間は10月28日から30日で、全国の16チームが出場。メンバー・オブ・ザ・ギャングは8月の県大会と9月の東海大会で優勝し、2年連続10回目の出場を決めた。

 チーム結成は今年で11年目。表敬訪問には17歳から43歳の選手13人のうち、代表の小山美佳さん(43)と佐藤麻陽さん(29)、榎木園美加さん(31)、主将の吉田衣里さん(31)、田中千代さん(42)の5人が出席した。

 同大会で過去最高は3位で、2年ぶりに出場した昨年は予選リーグで敗退した。代表の小山さんは「優勝が目標だが、まずは1勝し、予選を突破したい。伊賀と三重県、東海の代表として暴れてきたい」、主将の吉田さんは「緊張せずに、自分らしい強気のプレーを出せたら」と抱負を語った。

 メンバー・オブ・ザ・ギャングは北海道と岡山県、大阪府のチームと同じ予選グループで、初戦は関西第2代表の「レオグラスタ」と対戦する。

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより