伊賀タウン情報YOU

給食調理員にサルモネラ菌の陽性反応 伊賀市教委が発表

 伊賀市教育委員会は12月7日、給食調理員を対象にした検便検査で、臨時の女性職員1人からサルモネラ菌の陽性反応が出たと発表した。調理に携わっていた同市大内の成和西小学校(山本恵子校長)の給食は牛乳とパンのみ配食し、同校は保護者に献立の変更を文書で通知した。

 発表によると、サルモネラ菌が検出されたのは今月1日の検便検査で、7日の午前10時30分ごろに結果が判明した。同校と市教委で協議し、調理は手袋の着用など衛生管理マニュアルに沿って適切に行っていたが、児童89人と職員のおかず(冬野菜のシチュー、大豆とツナのサラダ)105食は万全を期して提供しなかった。

 学校教育課の中浦基之課長は今後の対応について「検便で陰性反応が出るまで臨時職員は調理に携わらない。調理場は通常のアルコール除菌に加え、器具の煮沸消毒を行う」とし、8日からおかずの提供を再開する。臨時職員に腹痛や下痢などの症状はみられないが、陽性反応の判明後に医療機関で診察を受けたという。

カテゴリ

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより