議会・行政
 NEWS MENU >>>
バックナンバー
インターネットTV-YOU
 

2年後の委託業務開始に向け検討開始 名張市立図書館
WindowsMediaPlayer9ダウンロード
Quick Timeダウンロード QuickTimeで動画を見る
 名張市の市政一新プログラムの経費削減策として、一部民営化の方針が決まった同市桜ヶ丘の市立図書館は、2年後の平成18年4月から業務委託を開始するため、委託先や業務などについて検討に入っていることが分かりました。

 同図書館は今年3月2日から7日までに、委託とは無関係の今後の図書館運営の参考にするため、来館者に対し利用頻度、利用目的、要望に関することなど11項目利用者アンケートを行いました。これらのアンケート内容を6月中に集計、分析し8月までに今後の運営、サービス改善策の検討を行っていく予定です。

 教育委員長理事兼図書館長の上田三男さんは「今年の4月末に市から一部民営化の話がありました。民間委託をするにはどういった業務があるかということについては、これから検討をしていきます。(委託後は)来館者に対するサービスは今以下に低下させないというのは大原則です。民間組織で運営業務をしてもらう中には、今手が回せない施設や図書を利用しての企画、事業も図書館を拠点として活発に行ってもらえると期待しています」と話していました。

 同図書館の昨年1年間の来館者数は約30万人、一日あたりでは約1000人。貸し出し冊数は昨年1年間で約54万冊、1日あたり1900冊ということです。




デル1_468x60
マイクロソフトのライセンスを特別価格でご提供!
     
Copyright©2003 YOU Co.,Ltd. ALL right reserved.