現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の YOU映画部 の中の 【ジャンル別】 の中の ドラマ のページです。

告白

2010 年9 月17 日

 2009年の本屋大賞を獲得した小説を原作に中島哲也監督が映像化しました。公開後から衝撃の内容と主演の松たか子の演技から話題になりうなぎのぼりに観客動員も増えていきました。

告白の続きを読む

Writer: 副部長K

副部長Kのマイつぼのコーナー
 今回は、小説と映画の関係について。昔から小説を原作にした映画はたくさん作られていきました。特に現在では人気作家が誕生すればブームのように次々に映像化されていきます。最近では東野圭吾がガリレオ人気も含めてよくクローズアップされていますよね。この作品も本屋大賞を取った時点から映像化の権利を水面下だ各社争奪戦を繰り広げていたとか。近頃はハリウッドだけでなく日本も映画独自の脚本が減ってきている傾向にあり、マンガや小説に原作を求めるパターンが多くなってきています。確かに原作があるのでストーリの構成などはしっかりしていて見ごたえのある作品になるのですが、原作を読んでしまうと細かな心理描写や作品のもつイメージなどもあるので、期待はずれだと論評されることも多いのも事実ですよね。
さて、今後もこの流れが続きそうで人気作家の伊坂幸太郎やあの名作「ノルウェイの森」も作品化、公開が予定されています。
いったいどんな作品になるのか楽しみですよね。

ミリオンダラーベイビー

2009 年11 月 9 日

milliondollarbaby.jpg 監督クリント・イーストウッドの名前を世界的に広め、その年のアカデミー賞の主演女優賞など主要4部門も獲得した作品。正直、評判は聞いていましたが、なかなか見る機会に恵まれませんでした。きっかけは今年公開された、「チェンジリング」と「グラン・トリノ」でした...

ミリオンダラーベイビーの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長のマイつぼのコーナー

ベタですが、主演のヒラリー・スワンクに注目。私的には、やはりミリオンダラー・ベイビー以降の印象が強い、彼女。知識として「ボーイズドントクライ」でアカデミーを取ったことや、ベストキッドのヒロインを演じていたのは知っていますが、あまり印象にはありませんでした。(ビバヒルにも出てたのはびっくりですが…)最近では、「ブラックダリア」での演技や最新作「P・Sアイラブユー」での踊りが忘れられません。びっくりするほどの美人ではないのですが、存在感があり、ほっておけないような雰囲気をだす不思議な女優さんですね。

グラン・トリノ

2009 年10 月 8 日

名俳優にして名監督クリント・イーストウッドの監督最新作。そして、最後の出演作とも言われる作品です。個人的には今年9月までに見た劇場作品の中では今年№1の作品です。そこで、ここ数回プチ特集でイーストウッドの作品を取り上げたいと思います。

グラン・トリノの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長のマイつぼのコーナー
 今回は題名にもなっている「グラントリノ」。フォード社製のトリノの中でも72年から76年にかけて作られたものをこのように呼ぶようです。今回使われた車両は黒で本当によく整備され、30年も前の車に見えないところがすごかった。そこにもフォードで働いていた無骨な人間のこだわりみたいなのが見えて、素晴らしい小道具だったと思います。
セリフはないですが、存在感のある役者「グラン・トリノ」でした。余談ですが、同じ70年代の人気刑事ドラマ「スタスキー&ハッチ」の愛車もこのトリノでした。あちらは赤色でカッコよかった。(と、いってもどちらかと言えばベン・スティラーとオーウェンの復刻版の方が親しみがあるのですが…)

チェンジリング

2009 年8 月10 日

changeling.jpg アンジェリーナ・ジョリーといえば「トゥームレイダー」のイメージからアクション女優というカテゴリーに入りそうですが、オスカーを獲った「17歳のカルテ」でも分かるように演技派、実力派女優。とくに何かに取り付かれたようにその役に入り込み、感情の表現がビシビシとスクリーンから伝わってくる演技はいつ見ても引き込まれてしまいます。

チェンジリングの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長Kのマイつぼのコーナー

最近ずっぽりはまっている監督、そう”クリーント・イーストウッド”
役者としては、ダティーハリーのイメージ。監督としてもこれまではなんか暗いだけの映画を作っているという感じでした。しかし、一昨年の「硫黄島からの手紙」。そして、この「チェンジリング」、さらにこの春に公開された「グラン・トリノ」を観て、”なんじゃこらー!”って言うほど衝撃に襲われました。遅ればせながら「ミリオンダラー・ベイビー」も観ました。こんなすごい映画を撮っていたなんて、それを観ていなかったなんてまだまだ修行不足です。これからも、いろいろ観てみようと思います。

ハリー・ポッターと賢者の石

2009 年7 月 6 日

onesheet200.jpg ついに第6弾「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が7月15日に封切になりますね。今回紹介するのは、その第1弾の「ハリー・ポッターと賢者の石」。2001年の公開で懐かしく感じます。当時、世界的ベストセラー本の映画化、動くハリーに大注目でした。

ハリー・ポッターと賢者の石の続きを読む

Writer: 新人部員Y

【Yの勝手にレコメン度】
めっちゃ個人な視点で、勝手におススメするポイントを星★にしました。★は5つが最高です。
▼クィディッチに注目度
★★★★★
クィディッチは、魔法使いや魔女がほうきに乗って行う球技。2チームに別れ、クワッフルというボール(?)をゴールに入れ得点を競う魔法界の人気スポーツです。他にもいろいろとルールがあり、ちょっと理解するのに、苦労するのですが、空を飛ぶ爽快感、選手、観客の一体感。いやー。楽しい。引き込まれてしまいます。グリフィンドールチームのキーパー、オリバーが個人的に好み(笑)。ロンの双子のお兄ちゃん「ウィーズリー兄弟」もいたずらばかりのいつもと違ってカッコいいですよ。

ボルベール〈帰郷〉

2009 年6 月29 日

wp_1280_1024_02.gif 少し男臭いものが続いたので、ガラッと変わって今回は女性が主人公の作品を。私の大好きな監督の一人、スペインのペドロ・アルモドバルの「女性讃歌三部作」と言われる作品群のラストを飾った「ボルベール〈帰郷〉」です。ハリウッドでも活躍するペネロペ・クルスを主役に迎え、美しさやしなやかさ、強さ、など女性の魅力を描いています。

ボルベール〈帰郷〉の続きを読む

Writer: 部長S

部長の注目俳優
 なんといってもペネロペ・クルス!歳を重ねるごとにどんどん美しくなっていっていると評判ですね。ハリウッド作品に出ている時も素敵ですが、スペイン語での演技がやっぱりしっくりくる感じがします。また、6月27日公開のウディ・アレン監督作品「それでも恋するバルセロナ」の演技が高く評価され、スペイン人女優として初めてアカデミー助演女優賞を受賞しました。今後の活躍がますます楽しみです。

ウォーターボーイズ

2009 年6 月19 日

 小中学校では、6月がプール開きですね!小さい頃はプールが楽しみで、楽しみで。梅雨がどんなにゆううつだったか!でも、学年が上がるにつれて水泳になり...私は苦手で25メートル泳ぐのがやっとです。これは置いておいて...。
 さて!これからの暑い季節、見たくなる青春映画「ウォーターボーイズ」。\(>▽<)/主人公を変えて続編がテレビドラマにもなったヒット映画です。実際に俳優たちが練習して、作り上げたシンクロのシーンが素晴らしい!!今思えば、イケメンブームの走りだった!?

ウォーターボーイズの続きを読む

Writer: 新人部員Y

【Yの勝手にレコメン度】
めっちゃ個人な視点で、勝手におススメするポイントを星★にしました。★は5つが最高です。
▼シンクロ曲に注目度
★★★
シンクロ公演の曲目は、「DIAMOND HEAD(ダイヤモンドヘッド)」、歌劇「カルメン」より 闘牛士の歌、PUFFYの「愛のしるし」、「学園天国」フィンガー5など。どこかで聞いたことのある曲ばかりです。 SYLVIE VARTANの「あなたのとりこ」はフランス語なんてわからなのに、“感じ”でいつも口ずさむ私がいます(^^;)

ボニーとクライド/俺たちに明日はない

2009 年6 月10 日

 たまには、古い作品も取り上げてみましょうかということで、1967年のこの作品を。映画の楽しみは新作ばかりではありません、自分の年齢よりも長い長い歴史を持つ映画ですから名作と呼ばれる作品は多数存在します。それをすべて見るだけでもどれだけ時間がかかるやら、ここで紹介するのはその一部ですが、いい映画に出会えるきっかけにしてください。では、続きにどうぞ...

ボニーとクライド/俺たちに明日はないの続きを読む

Writer: 副部長K

<副部長Kのマイつぼのコーナー>
確かに世の中は正義の味方が一番かっこよくて、強いの普通ですが、やはり光と影、正義の味方を引き立てるのはかっこいい悪役がいるから。悪役のかっこよさは、人間としていけないこと、自分のできないことをする人への憧れなんでしょうかね。映画には名悪役も多数、そしてダーティーヒーローも。
先日、某映画雑誌でも悪役ランキングみたいな企画もやっていましたなぁ確か。最近では、はやり「ダークナイト」のジョーカー(ヒース・レジャー)には脱帽でしたね。

ガチ☆ボーイ

2009 年5 月26 日

みなさんあの人気俳優の笑顔にやられていませんか??私はそのうちの一人です^^
素晴らしく笑顔が似合い、熱い男といえば...。5月30日に公開される「ROOKIES―卒業―」で野球部監督の川藤を熱演、現在の月9ドラマ「婚活」にも出演中。そう、佐藤隆太さんのメジャー初主演作品がこの「ガチ☆ボーイ」です。

ガチ☆ボーイの続きを読む

Writer: 新人部員Y

【Yの勝手にレコメン度】
 めっちゃ個人な視点で、勝手におススメするポイントを星★にしました。★は5つが最高です。
あきらめちゃいけないんです度
★★★★
五十嵐が「お前には無理」と言われてもプロレスを続ける精神。何度も何度も練習して、ドロップキックを取得。蹴られても蹴られても立ち上がる―。どうしてもやりたいことはやっぱり、あきらめちゃいけない!! やればできる!

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

2009 年4 月20 日

 監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル。新婚カップルが子供をもつ予行演習として犬を飼いはじめることに。「セールわんこ」と呼ばれるラブラドールレトリバーとの生活を描くドラマ。

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」の続きを読む

Writer: 部長S

【部長の注目俳優】
 主人公ジョン・グローガンの上司を演じたアラン・アーキンです。ジョンのコラムを「おもしろい」と言いながらも顔は全く笑っていない、ずっと怒ったような顔をしているのに温かみを感じさせる不思議な魅力を見せています。彼が出演している作品でのオススメはやっぱりアカデミー賞助演男優賞を受賞した「リトル・ミス・サンシャイン」。毒舌だけどチャーミングなおじいちゃん役がとっても素敵でした。「あんな年のとりかたをしたいなぁ」と思った人も多いのではないでしょうか。シリアスにもコミカルにも演じられ、存在感のある俳優さんです。

おくりびと

2009 年4 月 1 日

 2月に行われた映画の祭典アカデミー賞で、見事「外国語映画賞」を受賞し、一度終わりかけていた劇場公開が異例のロングランを果たした作品です。 なんと封切りは9月。封切り当初も海外の映画賞を受賞したとかで、映画雑誌などでは高評価の作品でした。私も、少しばかり情報は頭に入っていたのですが、ふら~っと行った映画館で何を見ようか悩んだ末、広末涼子見たさにチケットを買ったのを覚えています。

おくりびとの続きを読む

Writer: 副部長K

【副部長のマイツボのコーナー】
 この作品の勝利は脚本やテーマもありますが、役者でしょ。主演の本木さんもすごいですが、脇を固める、山﨑さん、余さん、吉行さん、笹野さんと錚々たる面々。そして、マイツボはやっぱり広末涼子でしょう。夫を献身的に支える妻、そして女性特有の生や死の考え方を象徴するような役でした。子どもが出来て、バツイチになって一段と女優としての幅もでてきた広末。あんな奥さんがいたらええなあ~と思いながら見てました