現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の YOU映画部 の中の 【カテゴリー】 の中の 最新映画情報 のページです。

告白

2010 年9 月17 日

 2009年の本屋大賞を獲得した小説を原作に中島哲也監督が映像化しました。公開後から衝撃の内容と主演の松たか子の演技から話題になりうなぎのぼりに観客動員も増えていきました。

告白の続きを読む

Writer: 副部長K

副部長Kのマイつぼのコーナー
 今回は、小説と映画の関係について。昔から小説を原作にした映画はたくさん作られていきました。特に現在では人気作家が誕生すればブームのように次々に映像化されていきます。最近では東野圭吾がガリレオ人気も含めてよくクローズアップされていますよね。この作品も本屋大賞を取った時点から映像化の権利を水面下だ各社争奪戦を繰り広げていたとか。近頃はハリウッドだけでなく日本も映画独自の脚本が減ってきている傾向にあり、マンガや小説に原作を求めるパターンが多くなってきています。確かに原作があるのでストーリの構成などはしっかりしていて見ごたえのある作品になるのですが、原作を読んでしまうと細かな心理描写や作品のもつイメージなどもあるので、期待はずれだと論評されることも多いのも事実ですよね。
さて、今後もこの流れが続きそうで人気作家の伊坂幸太郎やあの名作「ノルウェイの森」も作品化、公開が予定されています。
いったいどんな作品になるのか楽しみですよね。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3

2010 年7 月20 日

 7年ぶりに帰ってきました「踊る」シリーズ。前作OD2は史上最高のヒット作となり、誰もが続編があるだろうと信じていたところに訪れた、和久さん役のいかりや長介さんの死。それを乗り越え、新生「踊る」のスタートだといわんばかりの本作でした。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3の続きを読む

Writer: 副部長K

副部長のマイつぼのコーナー

 踊るといえばやっぱり登場するキャラたちでしょ。スピンオフという概念もこの踊るから出来上がってきました。
 主人公の青島、すみれさん、和久さん、スリーアミーゴース、室井さん、真下くん、木島さんなどなど、爆発物処理班の班長、SATの隊長など数限りない名前が挙がってきます。それが踊るの財産なのでしょうけど、今回の作品には7年間の思いと登場人物がいっぺんに入ってきてますので盛りだくさん、盛りだくさん。その分、ストーリーが薄っぺらくなってしまったので、作品評が賛否両論わかれているんでしょうね。

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

2010 年6 月11 日

 シリーズ10周年。まさかこんなに続くと思わなかった「TRICK」。深夜ドラマのときは変なドラマだとしか思わなかった。確かに斬新でいい意味でふざけてましたよ。まさか、ここまで大きな作品になるとはホントにビックリ!何がヒットの"トリック"なんでしょうかね...

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長のマイつぼのコーナー

今回は、監督の堤幸彦。元はテレビドラマ出身で独特の世界観を作ってきた監督で、効果音や特殊効果などを使って見せる作品を数多く手掛けてきたという感じでしょうか。最近ではこのトリックシリーズをはじめ20世紀少年などを手掛け”奇才”と呼ばれています。特にテレビと関連したいわゆる商業映画と呼ぶ娯楽作品のイメージが強いですね。しかし、一昨年の「まぼろしの邪馬台国」や渡辺謙主演の「明日の記憶」などの重い題材の作品も撮っています。まあ、映画監督という表現者ですから賛否両論あるでしょうが、個人的には好きな監督ですね。次回作「BECK」も期待したいですね。

アバター

2010 年2 月 5 日

avatar.jpg
 ついに破られた「タイタニック」の興行成績NO.1の座。3Dのすごい映像を武器に一瞬にして世界を席巻した作品。
巨匠ジェームス・キャロンが構想14年、制作4年、製作費は2億から3億ドルともいわれる超大作でした。

アバターの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長のマイツボのコーナー

今回のマイツボは今や巨匠と呼ばれる「ジェームズ・キャメロン」。ここまで特大ヒットを飛ばす人は珍しい。
興行収入歴代1位、2位が彼の作品で、出世作となった「ターミネーター」のヒットも忘れてはいけませんよね。
特に何がすごいという人でもないのかもしれませんが、映像に対するこだわりは人一倍感じますね。
それゆえ、彼の作品には隙がないというか、見終わると満腹感がありますね。もうこれ以上食べれません的な…
さて、季節がらオスカーの話になりますが、多分、監督賞は彼で決まりじゃないでしょうか?
作品賞も有力ですが内容重視のアカデミーでは少しつらいでしょうか。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

2009 年7 月21 日

 まさに「破」の一言がぴったりな作品。前作「序」の時にも書きましたが、TV版と新劇場版の違いはどの程度あるのか?いったいどこまで再構築されるのかという期待?不安?予測?が入り乱れていましたが劇場に行ってスッキリしました。


bnr_eva_a01_01.jpg

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の続きを読む

Writer: 副部長K

今回は映画とタイアップについて

映画とタイアップは切っても切れない関係です。一昔前は、映画が先行し、主人公の使用品やロケ地、主題歌などが後から流行になるという形が普通でした。それが、映画商業主義に流され、映画とタイアップした商品やメーカー、有名アーティストによる主題歌の書き下ろしなど、相乗効果を狙うパターンが主流となっています。このヱヴァも例外ではなく、ドコモのヱヴァ携帯UCC、ローソンの看板が作品のいたるところに出てきました。特に加持さんのコーヒーを渡すアップやわざわざ追加されたアスカのお風呂飛び出しのエビスビールの場面はさすがに鼻につきましたが…
でも、映画を作るにはお金がかかるからね、仕方ないでしょう。私もそれに踊らされている一人ですしね。

レッドクリフPartⅡ―未来への最終決戦ー

2009 年5 月 7 日

パート1から約半年、待望の続編でした。パート1はどちらかといえば序章、本題の赤壁の戦いの前で終わるというあっと驚く、エンディングでした。
赤壁の戦いをどのように映像化したのか、楽しみで劇場に向かいました。

レッドクリフPartⅡ―未来への最終決戦ーの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長kのマイつぼのコーナー
三国志が日本で人気がでる理由は、やはり武将が注目される点にあると思います。日本の戦国時代と同じで武将=ヒーローという形が娯楽作品として勧善懲悪の世界に当てはまり、男性がロマンを感じるところだとも思います。
最近では、日本の話ですが歴女なる女性が増えて、歴史好きで戦国武将のファンも多いとか。
しかし、歴史をまじめに勉強した立場からしますと、史実と娯楽作品でのお話とでは歴史を少し湾曲されたところもあり、あまりそのままに受け止められるとさびしい面もありますね。

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

2009 年4 月20 日

 監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル。新婚カップルが子供をもつ予行演習として犬を飼いはじめることに。「セールわんこ」と呼ばれるラブラドールレトリバーとの生活を描くドラマ。

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」の続きを読む

Writer: 部長S

【部長の注目俳優】
 主人公ジョン・グローガンの上司を演じたアラン・アーキンです。ジョンのコラムを「おもしろい」と言いながらも顔は全く笑っていない、ずっと怒ったような顔をしているのに温かみを感じさせる不思議な魅力を見せています。彼が出演している作品でのオススメはやっぱりアカデミー賞助演男優賞を受賞した「リトル・ミス・サンシャイン」。毒舌だけどチャーミングなおじいちゃん役がとっても素敵でした。「あんな年のとりかたをしたいなぁ」と思った人も多いのではないでしょうか。シリアスにもコミカルにも演じられ、存在感のある俳優さんです。