現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の YOU映画部 の中の 【カテゴリー】 の中の 最新映画情報 の中の 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 のページです。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3

2010 年7 月20 日

 7年ぶりに帰ってきました「踊る」シリーズ。前作OD2は史上最高のヒット作となり、誰もが続編があるだろうと信じていたところに訪れた、和久さん役のいかりや長介さんの死。それを乗り越え、新生「踊る」のスタートだといわんばかりの本作でした。

 本作を製作指揮する亀山Pは『「踊る3」は作りたかったがいかりやさんの死が大きすぎた。しかし、東京湾岸署が出来ると聞いてやっぱり今も踊るは生きているんだと感じ、製作を始めた』と話していました。
そして、脚本の君塚氏、監督の本広氏もこの7年間いつでも「撮る」という言葉がでれば出来る準備はしていたと語っていました。

 そして、ついに完成した本作、7年の月日は湾岸署にもしっかり流れていて青島さんは係長になっていました。まあ、スリーアミーゴースはそのままでしたが...。さらに、湾岸署が新しく立て替えられ旧庁舎から引越しすることになるんですが、そこで事件が起きます。というのが今回のお話しです。
 小栗旬演じる鳥飼管理補佐官、内田友紀の女青島こと篠原夏美(これは復活ですね)、そして和久さんの意思を次ぐキャラ和久伸次郎の伊藤敦士などの新キャラも登場し、新しい流れが追加されていました。

 なんでも今回の映画のテーマは「生きる」だそうです。ネタばれになりますのであまり深くは書きませんが、歴代の踊るキャラの中で最強、最悪といってよい彼女がキーパーソンになり「死」を感じさせる役割を果たします。さらに青島にも死を予感する出来事が起こり、生きることを表現しているのだと。「死」の次に来るものそれは「新生」。ここで新しい踊るが生まれた作品だとも感じました。また、今後の踊るの展開に期待したいと思います。

 残念なのは、音楽担当が変わってしまって、メインテーマ以外はおなじみの楽曲が使われていなっかったんです。だから、イメージが違うのかな?それと、青島くんとすみれさんの仲が相変わらずの煮詰まらなさ加減は、お前ら幾つだよと突っ込みいれたくなりますね。

公開年 2010
監督  本広克弘
出演  織田祐二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎など

Writer: 副部長K

副部長のマイつぼのコーナー

 踊るといえばやっぱり登場するキャラたちでしょ。スピンオフという概念もこの踊るから出来上がってきました。
 主人公の青島、すみれさん、和久さん、スリーアミーゴース、室井さん、真下くん、木島さんなどなど、爆発物処理班の班長、SATの隊長など数限りない名前が挙がってきます。それが踊るの財産なのでしょうけど、今回の作品には7年間の思いと登場人物がいっぺんに入ってきてますので盛りだくさん、盛りだくさん。その分、ストーリーが薄っぺらくなってしまったので、作品評が賛否両論わかれているんでしょうね。

コメントする