現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の YOU映画部 の中の 2009年5月アーカイブ のページです。

ガチ☆ボーイ

2009 年5 月26 日

みなさんあの人気俳優の笑顔にやられていませんか??私はそのうちの一人です^^
素晴らしく笑顔が似合い、熱い男といえば...。5月30日に公開される「ROOKIES―卒業―」で野球部監督の川藤を熱演、現在の月9ドラマ「婚活」にも出演中。そう、佐藤隆太さんのメジャー初主演作品がこの「ガチ☆ボーイ」です。

ガチ☆ボーイの続きを読む

Writer: 新人部員Y

【Yの勝手にレコメン度】
 めっちゃ個人な視点で、勝手におススメするポイントを星★にしました。★は5つが最高です。
あきらめちゃいけないんです度
★★★★
五十嵐が「お前には無理」と言われてもプロレスを続ける精神。何度も何度も練習して、ドロップキックを取得。蹴られても蹴られても立ち上がる―。どうしてもやりたいことはやっぱり、あきらめちゃいけない!! やればできる!

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい

2009 年5 月22 日

ラスベガスの人気マジシャン"エース"の命に、マフィアから100万ドルの賞金がかけられた。賞金目当てで彼の命を狙う暗殺者たちや、司法取引のため彼の死を阻止しようとするFBIらがラスベガスに集まってくる...。

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいの続きを読む

Writer: 部長S

【部長の注目俳優】
 人気マジシャン“ハート”を演じたジェレミー・ピヴェンです。この作品では数々の暗殺者から命を狙われる主役級の活躍をしていますが、脇役としてコメディからシリアスな作品と幅広いジャンルで見掛けることが多いです。ちょっと嫌味な役が多いかな?「男性版セックス・アンド・ザ・シティ!」という触れ込みの「アントラージュ☆オレたちのハリウッド」というドラマシリーズに出演し、エミー賞助演男優賞を受賞しています(個人的には「セックス・アンド・ザ・シティ」とは全然違うと思うけどそれなりにおもしろい)。角度や表情によってちょっとタカアンドトシの左の方に似てる気がします。

最後の初恋

2009 年5 月19 日

「きみに読む物語」ファン(これは後日、必ずこのブログで取り上げます)としては、原作者がニコラス・スパークスだと聞いて観ないわけにはいきません。恋愛映画と言っても、リチャード・ギアとダイアン・レインの大人の話ですから少し不安もありましたが...

最後の初恋の続きを読む

Writer: 副部長K

副部長のマイつぼのコーナー

映画に欠かせないものそれはロケーション。ロケーションによっていい作品がより素晴らしく、そしてそうでない作品も観れてしまう時もある。本文の冒頭でも書きましたが、舞台となったリゾート地の景色もすばらしく、それに加えて浜辺に建つホテルは本当に最高です。最近では、マンマミーアもすばらしい景色でした。自論ですが恋愛映画にはそれなりのロケーションが必要。ていうか恋愛には必要なんだよね。

アドレナリン

2009 年5 月15 日

 「デス・レース」のDVDが発売され、8月には「トランスポーター3 アンリミテッド」も公開されるジェイソン・ステイサムが主演。アドレナリンを出し続けないと死んでしまうという毒物を注射された殺し屋が、興奮状態を保ちながら解毒剤と宿敵リッキーを探し出すノンストップ・アクション映画。

アドレナリンの続きを読む

Writer: 部長S

【部長の注目俳優】
 シェブの恋人を演じたエイミー・スマートです。ブロンドで健康的なセクシーさのある女優さん。この作品でも「そこまでやらなくても…」と思うシーンがあるのですが、変にいやらしくなく笑えます。彼女が出てくるとなんとなく場がなごむような雰囲気があって、この作品にはいい存在感でした。他の作品でも、サラッと思い切りの良さを見せている印象があります。「ロード・トリップ」や「ラットレース」などコメディ作品でよく見掛けますが、2004年の「バタフライ・エフェクト」ではタイムスリップにより何通りにも変化する境遇にいる女性を演じ、演技の幅の広さを見せました。こちらもオススメです。

WALL・Eウォーリー

2009 年5 月13 日

「ウォーリーがめっちゃカワイイ(≧▽≦)O゛」この一言に尽きる映画でした。お話しは西暦2700年の荒れ果てた地球が舞台。ひとりぼっちでごみをせっせと片付け続けるお掃除ロボット・ウォーリー。 そんな中、突然現れたイブ。ちょっと強気な子(私が思うに女の子)で、ウォーリーは恋をしてしまいます。だけど、イブが連れ去られてしまい宇宙に旅へ。。。

WALL・Eウォーリーの続きを読む

Writer: 新人部員Y

【Yの勝手にレコメン度】
 めっちゃ個人な視点で、勝手におススメするポイントを星★にしました。さて、「WALL・E」の場合は?★は5つが最高です。
▼カップルにおススメ度
★★★★★
初々しいカップルや倦怠期のカップルさんたち、見てください。手をつないでラブラブしたくなるかもー(・▽<)-☆

▼ゴミ問題度
★★★★
将来、地球は、人間はこんな風になるのかな?

レッドクリフPartⅡ―未来への最終決戦ー

2009 年5 月 7 日

パート1から約半年、待望の続編でした。パート1はどちらかといえば序章、本題の赤壁の戦いの前で終わるというあっと驚く、エンディングでした。
赤壁の戦いをどのように映像化したのか、楽しみで劇場に向かいました。

レッドクリフPartⅡ―未来への最終決戦ーの続きを読む

Writer: 副部長K

副部長kのマイつぼのコーナー
三国志が日本で人気がでる理由は、やはり武将が注目される点にあると思います。日本の戦国時代と同じで武将=ヒーローという形が娯楽作品として勧善懲悪の世界に当てはまり、男性がロマンを感じるところだとも思います。
最近では、日本の話ですが歴女なる女性が増えて、歴史好きで戦国武将のファンも多いとか。
しかし、歴史をまじめに勉強した立場からしますと、史実と娯楽作品でのお話とでは歴史を少し湾曲されたところもあり、あまりそのままに受け止められるとさびしい面もありますね。