HOME 総合 事件・事故 議会・行政 YOUNET TV 紙面から イベント情報

紙面から
 編集部さんのエントリ配信

2017/05/26
耐熱塗料 世界トップシェア

ロケット発射台にも オキツモ株式会社

 世界のトップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡―。1945年の会社設立から70年を期に、名張市蔵持町芝出にあるオキツモ株式会社の山中重治(しげはる)社長が昨年、著した書籍のタイトルだ。「耐熱塗料」の分野で世界市場をリードしている同社の開発力を学ぶため、営業企画部の大地正浩部長(55)に話を聞いた。

 同社は鋳物ストーブの耐熱塗料から事業をスタートした。「耐熱塗料は熱くなる物を美しくしたり、さびを防ぐものです。物が熱せられると酸化が激しくなり非常にさびやすくなりますので、耐熱塗料を塗っていなければストーブも穴が開いて製品寿命が短くなるし事故にもつながります」と大地部長。

 普通の塗料の原料がアクリル樹脂やメラミン樹脂であるのに対して、耐熱塗料は主にシリコーン樹脂や鉱物でできた無機顔料を使っており、熱にも強く、剥がれにくいという。【耐熱インキを使った配線基板を紹介する大地部長=名張市蔵持町芝出で】

 会社設立当時、大阪から名張に戻った創業者・山中重治(しげじ)さんは、都市近郊に工場を構える塗料のライバル他社とは地理的なハンデが大きく、同じ物を作っていては勝負にならないと考えたという。

 「『魔法の粉』と言われたシリコーン樹脂が注目され始めた時でもあり、鋳物ストーブの受注をきっかけに耐熱塗料の開発に着手しました。当時としては新規でニッチな市場でしたが、オンリーワン技術で挑戦するというスタンスは、現在も当社のDNAになっています」

 「okitsumo」ブランドの耐熱塗料は、国内シェアが50%を超える。自動車用部品や二輪車のマフラー、ホットプレートなどの家電製品、工場プラントなど、その用途は幅広い。中でも同社がJAXA(宇宙航空研究開発機構)に採用されているのが種子島のロケット発射台に使われるものだ。ロケットエンジン噴射による3千度の高温に耐える耐熱塗料で、同社の技術力の高さを実証している。【工場内の天井の一部には個性的な塗装が施されている(提供写真)】

 同社は「耐熱」だけでなく、熱をコントロールする塗料を続々と開発している。例えば「放熱塗料」は、表面の輻射(ふくしゃ)率を最大限に上げて放熱することができ、LED照明の裏側に使うと熱を逃がすことができる。

 また「遠赤外線塗料」は、暖房機の暖房効率を上げたり、調理器具では遠赤効果で食品をおいしく焼くためにヒーターに塗布されている。更に「光触媒塗料」は、ビルや工場の壁に塗ると紫外線に反応して汚れを分解し、外観を奇麗な状態に保つことができる。「この技術はTOTO株式会社と共同開発したもので、世界に発信しているところです」

 同社は、名張市の本社・工場と大阪、名古屋など主要都市にある3営業所を含めて、従業員は約160人、年商は約40億円。従業員の3割強が技術者という開発志向の会社だ。また海外には中国、タイの3工場とアメリカ、スペインなどに4販売拠点があり、全社では従業員が約400人、年商は約70億円に上る。2020年には全社で100憶円を目指している。

注目される潤滑塗料

 最近のトピックとしては「潤滑塗料」がある。フッ素などの個体潤滑剤と樹脂を配合して被膜化したもので、「よく滑る塗料」だ。高温の環境でもべとつかず、メンテナンスフリーでもあるため、自動車部品や機械部品などの潤滑油やグリスの代替品として注目されている。【新分野の柱と位置づけているメタマテリアル放熱材(右)】

 次に「耐熱インキ」だ。「今まで耐熱性のインキは世の中にありませんでした。これからの自動車では電子部品の数も膨大で、エネルギーの発散量も多く、耐熱性のあるプリント配線基板が求められていました。そこで耐熱塗料のノウハウを生かし、プリント配線板の表面を覆い、回路を保護するインキを開発しました。当社には印刷のノウハウもなく、開発には苦労を伴いましたが、リスクを恐れず挑戦した結果」と大地部長。

 今後の生き残り戦略については「市場のニーズより一歩先んじた潜在ニーズをキャッチすること、誰もまねのできないオンリーワン技術を持ち続けることです」と力強く話した。
このエントリのトラックバックURL
http://www.iga-younet.co.jp/modules/weblog/weblog-tb.php/3424
印刷用ページ 友達に送る
 カテゴリ一覧

 IFC KUNOICHI

 PR

 伊賀タウン情報ユー窓口
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
会社概要  |  サイトポリシー  |  個人情報の取扱  |  著作権  |  リンク  |  お問合せ
日本ABC協会  |  日本広告審査機構(JARO)
Copyright (C) 2003-2012 YOU Co.,Ltd. All rights reserved.