HOME 総合 事件・事故 議会・行政 YOUNET TV 紙面から イベント情報

議会・行政 : 窓口業務を民間委託、サービスの向上目指す 名張市立図書館
投稿者: 編集部 投稿日時: 2006-5-16 17:12:05

 名張市教育委員会は5月16日に開かれた市議会教育民生委員会(橋本マサ子委員長)で、今年10月から市立図書館の窓口業務を民間委託する実施計画を発表しました。【写真=名張市桜ヶ丘の市立図書館】



 それによると、「図書館業務の効率化」と「市民サービスの向上」を目指していく中で、ヽ惱機会の提供や新刊図書等の資料の充実といった図書館サービスの充実⊇貌の開館や開館時間の延長正職員を7人から3人に減らすことでの図書館運営費、年間約900万円の削減――などが見込まれることから、民間委託を行うということです。

 委託される業務は本の貸し出しや返却のほか、資料・情報の提供などを行うレファレンスサービス、資料の保管、書架整理、電話対応などの窓口業務で、委託期間は原則1年間としています。

 これに対し、委員からは「指定管理者制度を踏まえた委託ではないのか」「委託業者が変わるたびに図書館が変わらないようにしてほしい」「窓口業務の民間委託だけで課題を改善できるのか」などの質問が相次ぎました。

 委員からの質問に対し、市教委は「窓口以外の資料収集などは、今までどおり市職員が当たるので、良い図書館を目指すことが出来る。業務委託は指定管理者制度を踏まえたものでは無く、サービス向上を目指したもの」と理解を求めました。


jo[TEX^WIEWp
印刷用ページ このニュースを友達に送る
 IFC KUNOICHI

 PR

 伊賀タウン情報ユー窓口
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
会社概要  |  サイトポリシー  |  個人情報の取扱  |  著作権  |  リンク  |  お問合せ
日本ABC協会  |  日本広告審査機構(JARO)
Copyright (C) 2003-2012 YOU Co.,Ltd. All rights reserved.