話 題
本紙最新(419号)記事
話題   1 / 2 / 3 / 4 / 5
  バックナンバー
  HOME

▼表示説明
:新データUP
:新メニューUP
本紙YOUに掲載された記事をWeb上でも紹介!

IGA Town news Space report (Ver.388)

新たな人生の初講座

難病と闘う名張市の西亀さん

カウンセラーの資格書を手にする西亀さん=
すずらん台の自宅で

 将来的に見えなくなるという難病と闘いながらもカウンセラーとして新たな人生を歩み始めた名張市すずらん台の会社員、西亀真さん(47)は、6月6日午後2時から一志郡美杉村太郎生のギャラリー「菩提樹」で初講座となる「現代人の“心の声を聴く”屋根裏塾」を開く。
  西亀さんは、18年間システムエンジニアとして勤務してきたが、視力の低下を感じた9年前、医師から光を失う可能性があると診断された。視力や将来への不安を抱えながら藁(わら)をもつかむ心境で点字の勉強を開始。途中断念しかけた点字を修得できた時「人生あきらめてはいけない」と心に刻んだ。
  さらに、97年から、毎週心理カウンセラーの養成学校に通い、また産業カウンセリングにも挑戦。その間、病が進み、テキストや問題さえ読めない状況になった。
  学校では毎週、レポートを全てパソコン入力する必要があったため、見えにくくなった最後の方では妻の美智子さんが協力。試験目前には自身も大学受験中だった娘の咲江さんが毎朝テキストを音読し、録音するなど家族ぐるみの支えがあった。
  必死の努力もあり、6年間の時間をかけて全てのカリキュラムが修了した今春、相談者の悩みによりよく対応できた人だけに与えられる「心理カウンセラー適任書」を手にした。さらに産業カウンセリング初級の資格試験本番では、テープを聴く方式で受験し、面接と実技の両面で合格した。
  西亀さんは現在、社内のメンタルヘルスや相談業務を担当。今回の講座「屋根裏塾」では、何よりも悩み解決の一歩となる「聴き方のコツ」を紐解く。受講料は一般1000円で、ギャラリーの会員は500円。
  西亀さんは、「あなたにとって大切な人の心の声を聴いてあげられるのは、あなたです」と伝えたいという。
  問い合わせは、吉住さんTEL0595・68・1110まで。

→話題一覧
Copyright(c)2003 YOU Co.,Ltd. ALL right reserved.